ロゴ

目 次

樹への思い

木偏の漢字とわが国の樹木
木曾の五木
古代邪馬臺国の場所は杉の樹で決まる
私の家の庭には、花の咲く樹木で四季何時も何か咲いているように、庭の花木カレンダーを作って花の無い期間のないように植えてきたので、 今でも年中何かの木の花が咲くようになった。
花の美しいものを咲き初め月によって分類して示すと、以下のようになる。
1)花の美しいもの
2)紅葉の美しいもの
3)果実の美しいもの
4)生垣に適するもの
4)街路樹に適するもの
5)防災林に適する主なる樹種内陸防風林
樹木と性質
参考にした書籍
.
「春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬、雪さえて冷しかりけり」道元禅師の本来の面目と題する歌をまであげて、川端康成氏はノーベル文学賞受賞記念にスウェーデンのストックホルムで「美しい日本の私」と題して記念講演をされたのはもう随分と古い話になりました。
随所に日本人が春夏秋冬をどのように愛しつづけてきたかを説いておられました。外国の家紋は自分の家がいかに侵略的で強かったかを誇示して剣や盾やライオンをあしらった模様を使っているのに反して、日本の家紋は総て植物、昆虫を抽象化したものである。外国でもこの日本の紋章がうけているのも、美しい日本、自然を愛した日本人の心根がうけているのであろう。戦後の日本の国語教科の中で植物の名称には漢字を使わずに仮名でかくようになっている。味気ない仮名の木の名前でなく漢字の木の字を覚えてもらいたい。漢字の木からは木の形や木の性格が判るような気がする。木偏漢字一字で木の名前を表す字を集め始めてもう40年にもなる。70字くらいからなかなか進まずやっと88字となり100字となった。昭和59年の正月、当時林野庁の林産課におられた征矢さんから、「建築士と実務」誌にシリーズで何か書いてほしいと御連絡を戴いて、その年の4月から1ヵ月に4字、100字を25ヵ月で完了した。それぞれの木にまつわる詩歌はいろいろな人に聞いたり、本を見たりで続けてきた。それに木の樹冠を入れている本が少く、しかも知りたい人が多いので加えた。このほどこれが合本になって「建築士と実務」誌の100号記念に出るというので、この木の中で私が判っている家紋もつけ加えた。また同じ木の字でも一般に親しまれて分布の広いものは他に書き方もあるので、これもまとめた。和歌、俳句、川柳をたしなまれる人はたくさんおられる。木の事を知りたい人も多い。木の事を知りたいと思っておられる方々に少しでも興味を持って戴ければ幸いである。また、適材適所という言葉があるが、木材ほど適所に使わないとだめなものはない。建築業界の方々に木材のそれぞれの性質を知って貰って適所に使って戴きたい。何にしても木材業の事は専門家ながら植物では専門家でないので、元大阪府農林技術センター西村直彬所長さんに見直して戴き、さらに書籍では(財)日本住宅・木材技術センター下川英雄理事長ともども序文まて戴き深謝している。趣味の事が本になってこんなうれしい事はない。少しでも木材普及に役立てば望外の喜びです。
和歌山県御坊市  中川藤一
お問い合わせは
.
無断転載はご遠慮ください。内容などご利用になりたい方はご連絡いただければ、ご対応させていただきます。費用無料。
  、相互リンクはこちら